サイトマップ

不動産売却時に必要な費用

不動産を売却しようと思ったら、まずは不動産屋に連絡を入れるようにしますが、ただでやってもらうわけではありません。 不動産売却時にもいくらか費用がかかります。 ただ、購入時に比べると、総額の費用は少なくなります。

また、住宅ローンがあれば精算した上でないと、その不動産を売却することはできません。 さらに利益が出た場合には、いくらか税金がかかりますので、あまりに高い価格で売れた場合でも手元に現金を置いておくようにしましょう。 不動産売却時にはお金が入ってきますので、そのお金で不動産売却にかかる費用を支払うことができます。

それと不動産が売れるまでは、管理費や修繕積立金は、同様に支払う必要があります。 いつまでも売れないでいると、その費用もかなり増えてきます。 物件に住みながら売る場合や賃貸物件で入居者がいる場合は、現状渡しになるとは思いますが、そうした手続きも不動産屋が全て行ってくれますので、仲介手数料も忘れてはならない費用です。

不動産売買時の仲介手数料は、法律で定められています。 そのため、その金額よりも多くても少なくてもどちらかが損をしますので、定められた金額のみ支払うようにしてください。 その他、土地も売却する場合は、土地の測量もしなければなりません。 その測量費用もいくらかかかりますので、頭に入れておくとよいでしょう。 不動産売却は確かにややこしいところがありますが、売却が無事終われば重荷が取れてすっきりすることでしょう。